forgiveの語源から読み解いた愛の正体




「愛を投げかけるのは、自分から。」


好きな言葉。





そして最近していた

"全部受容してみる"という実験(笑)







誰かが悲しんでいたり、
こう思うっていう意見も全部。




そして自分が感じた
ネガテイブなことも、

起きたことも、ぜーんぶ。





受け入れて、ゆるしてみた。






そうすると、

なんだか
心とカラダが緩む感覚があったんです。


ふしぎですよね。






ゆるす、 英語だとforgive

なんだか意味深な単語に
思えたので調べてみたら、



forは 「完全に」
giveは「与える」 という意味。





ゆるす=完全に与えること…?



そうか、
完全に愛を与えることか。




なるほど!腑に落ちた。笑






そしてですね、


日本語の"許す"の語源は

「緩ます」という意味があるそうです。





相手が悪い、
こんなことが起きたから!!


と思うことは、

完全なる自分のエゴだと考えています。





たしかに相手は

あなたを傷つけたかもしれない。





でもそれをどうみるか、
どう受け取るかというのも

あなたの見方と感じ方。





そこには事実と解釈が存在する。



究極的に、

それが"悪"であるかどうかは、
事実ではなく解釈。






完全に愛を与え、
許すと自分が緩んでくるんです。



許すのは相手のためというより
自分のためのように感じるくらいです^ ^






100%受容のステージに行くと、
心がとても軽くなる。笑





周りにも、

受け入れてもらえるのが嬉しい、
受容力があると

喜んでいただけたので



とにかく愛を循環させていこう‼︎♡






ちなみに感謝の

「謝」も、言 射 に分けると

言葉を射ることで
ありがとう!と伝えることと、



射ることにより、

"緩む"という意味もある。





ゆるゆるに、いこう。

Live Your Life

「私たちは奇跡の中で生きている」ということを 自分の人生を通して答え合わせをしています☺︎ "We are in the Miracle World" My job is to confirm that through my life.

0コメント

  • 1000 / 1000